浮気の証拠

浮気の証拠

浮気の証拠ってどんなものが有るのでしょうか?
実は、浮気調査を依頼された方によって違ってくるのです。
 

@離婚の決心は出来ている。裁判に持ち込んで離婚と最大限の慰謝料を欲しい。

 
 この場合には、配偶者が不倫相手と肉体関係を結んだ・・という客観的な証拠が必要なんです。
 配偶者が愛人と思われる異性と食事をした旅行に行った部屋を訪ねた・・程度では浮気・不倫にはなりません。
 証拠が無いと、裁判所で戦っても証拠不十分という判決が出る可能性もあります。
 では、具体的にはどのようなものが必要なのでしょうか?
 
・多分、単数の証拠では苦しいですね。例えば配偶者と愛人がラブホテルに入って行く写真が1枚だけあっても
 これでは証拠にはなりません。偶々ラブホテルのトイレを借りた・・で逃げられてしまいます。
 また、デジタルカメラで撮影された写真では偽造が簡単に出来ますのでNGです。
 探偵社はわざと使いにくいアナログのカメラやビデオ、録音テープを使って証拠にしています。
 それも複数です。客観的に見て偽造は難しい・・というレベルでないと証拠にはならないのです。
 
・浮気を連想できる手紙やメモや日記
・ラブホテルの領収書
・愛人から贈られたと思われるプレゼント
・この他、浮気相手と密会していたと推定されるクレジットカードの明細

・第3者の証言
・メールやSNSなどの、浮気を連想させるデータ
 
などです。ただ1つだけでは難しく、複数の証拠の積み上げが必要です。
 
・探偵社の報告書
 
 第3者の探偵社の報告書は信用できます。特に社会的にも認知されている探偵社ならOKです。
 この場合、的を得た証拠(複数の鮮明な写真)を得ているので安心です。
 
とにかく裁判に勝たないといけません。しかし、裁判所は詐欺やねつ造を気にしますので
複数で偽造不可能で第3者が関与した証拠固めが必要です。
 

A離婚は出来ない、離婚はしたくない・・という場合

 
実は、探偵社に浮気調査に見える女性の方は半分以上の方が離婚は出来ない・・と言っているのです。
この場合は、裁判にはなりません。
それほどきちっとした証拠は必要ないのです。
結局、家庭は壊したくない。やり直したい・・という健気な奥様が多いのも事実です。
 
こんな場合は、配偶者の親や兄、姉などで信頼のおける人がいると助かります。
会社の上司や仲人さんがいたら、その方にお願いしても良いでしょう。
こんな方に中に入って貰って話をしてもらうのが一番です。
この時、裁判所は納得させられなくても、普通の第三者が見れば「浮気をしているな」
と、思える証拠が有れば良いのです。
・愛人とラブホテルに出入りしている写真(デジタルでも構いません)
・ラブホテルの領収書
・手紙やメールの類
でも良いと思います。
 

では、未だ離婚するかしないか決めかねている人は?
これは離婚する予定の人と同じことをすれば良いでしょう。
この証拠をどう使うかは、その後で考えてください。

 

広島で探偵社なら原一探偵事務所がお奨めです。

 

 

探偵社広島に戻る